カードローン 契約 提出書類

カードローンの契約に提出が必要な書類は?

運転免許証

カードローンは限度額以内なら何回でも借りられるという便利なカードです。審査も早く、即日融資も可能なので急ぎの時にも助かります。ネット上で契約の手続きができるという気軽さもあって申し込む方も増えています。ここでは、契約に際して提出しなければならない書類についてご説明しますね。

 

まず、カードローンに申し込むと仮審査があってそれに通ると、本人確認書類を送付しなければなりません。本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポート等の本人の名前と現住所が確認できるものです。もし、現住所と書類上の住所が違っている場合は、公共料金の請求書や領収書のコピーも同時に送付すれば大丈夫という消費者金融もあります。

 

それから、消費者金融からお金を借りる場合は、借入金が50万円を超すと収入証明書も必要になります。また、他社からの借入残高と合わせた金額が100万円を超した場合も収入証明書が必要になります。収入証明書として提出できるのは源泉徴収票などです。銀行カードローンなら普通は、限度額が200万円を超えなければ収入証明書の提出は必要ありません。銀行によっては100万円以下、300万円以下と違いがあるのであらかじめ確認してくださいね。

 

本人に収入がない専業主婦の方が消費者金融のキャッシングを利用するときには本人確認書類に加えて配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる住民票などの書類が必要になるのであらかじめご主人の同意を得て申し込んでください。どのカードローンを申し込むにしても、提出書類に不備があると審査に時間がかかったり審査に落ちたりしてしまうので提出前に有効なものかどうかきちんと確認してくださいね。